ローンの返済中ですが、その車両が担保となっているんです

ローンの返済中ですが、その車両が担保となっているんですよね。ということは、ローンが残った車を売却する場合、所有権を得るために、残債を清算しなければなりません。


面倒沿うに思えますが、殆どの買取業者みずからが買取額の中からローン完済分をたて替えてくれます。

同時に、所有者名義の変更手つづきも、業者が行ってくれるので安心です。ローン清算額とクルマ売却額の差額から、買取業者に後で支払うか、クルマの買取金額によっては差額を受け取ることが出来るのか、どちらかになるでしょう。




いずれにせよ簡単に手つづきを済ますことが出来ます。車を高く買い取って貰うなら掃除やメンテナンスも大事ですが、一番大事なのは見積りです。手間をかけてでも、同業他社に競合指せて見積りをとるのが一番良い結果が出ると思います。一番多いのが「いまならこの価格」で、いわゆる営業マジックです。



競争相手がいないのに価格を上げたら、営業さんの査定は下がりますよね。



普通はそこまでしないだろう、ぐらいの冷静な気もちが大切です。



最低でも2社は比較するようにして、その中で折り合いがつけられる会社を選ぶことで、気もちもすっきりするはずです。


ところで、車の年式や状態によっては、査定結果が0円、なんてこともある沿うです。


希少価値や需要が少なく、さらに10年以上経っているものや10万キロ以上走っているもの、改造車や劣化の激しいもの、エンジンのかからない車や事故で大破したものはその多くが、値段が付きません。ただ、買取業者にも事故車や故障車に特化した業者がありますから、劣化の激しい車の査定をお考えの場合は専門の業者に連絡するのが一番良いのではないかと思います。車を売るときには、小傷はそのままでも構いません。

ただ、査定前にきれいに掃除はしておきたいものです。

収納の中はなるべく物を置かないようにし、生活感をなくすことがコツです。


屋外保管で外側が汚れているときは、洗車するといいでしょう。普通のカーシャンプーでスポンジ洗いすればOK。


普段使わないブラシなどで念入りにやると、ムラが出たり、傷がつく危険もあり、清潔さを第一に考えてください。



ホイール周りは真っ黒になりやすいので、こちらも忘れずに。


バケツの水とスポンジくらいでもだいぶきれいになります。




石ハネ部分をタッチペンで修正したり、タール汚れを無理にとるのは営業さんもお勧めしていません。私は以前、愛車だった日産エクストレイルを専門の業者を呼んで、買取査定してもらいました。方法は、一括査定サイトを利用し、最も高い見積もりを出してくれた業者の方が教えてくれたのですが、買取する季節も、重要な査定ポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)だということでした。



エクストレイルの場合、アウトドアを好む人からの需要が高まる夏に売れる沿うです。ですので、春から梅雨時期が一番高く買い取ってくれるらしく、良い勉強になったと思っています。7年間乗っていたekワゴンもそろそろ買い替えの時期と思い、新しい車の購入に際して下取りも考えましたが、下取りの提示金額は満足できる額ではないのですでした。



少しだけ手間は必要でしたが、下取り価格を大幅に上回る金額で中古車買取業者が買い取ってくれました。一括査定を申し込んだところ、相場も大体分かって有意義でしたし、買取の手つづきもそれほど面倒ではないのですでした。




下取りだとこんなに良い額にはならなかったと思うと、買取を選んで本当によかったと思いました。


買い取りの専門業者を使って車査定をするなら、一番気を付けたいのは、客を騙すことが常態化している迷惑な業者に引っかからないことです。




相場が変わったので、などとりゆうをつけて最初の査定額からどんどん金額を引いていく、正式な契約の書類を創らない、書面に契約内容を明記することをしない、入金してくるまでに時間がかかり、何度も催促することになった、など少しネットで捜してみると、さまざまなトラブルが起こっています。



あくまで口コミ(ネットの普及により、以前よりも集めやすく、広がりやすくなりました)情報であり、百パーセント本当のことなのかどうかは不明ですが、車の査定では、とってもな大手業者でもあざといことをしてくる場合もあり、油断はできません。

車を買い取って貰うまでの流れは、まずWEB上の一括査定サイトを通じて業者を選び、その後、実際に現物査定を受けるのが最も一般的だと思われます。

一括査定までは半ば機械的な流れともいえますが、後者は実際に人対人のやりとり、要は、交渉術によって買取価格が変動する可能性もあります。


少し手間をかけてもいいなら、現物査定も複数社に依頼してみて、価格交渉を行うのも有効でしょう。


 

>>旧車を売る【※レアな車を極限まで高く売る”裏ワザ”とは?!】へ戻る