車を買い換える際は下取りに出すのが一般的

車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古車買取も候補にいれてみませんか。


たしかに手軽という点では下取りが最強ですが、愛車をたった1社に査定されるのは辛くないですか?売るほうの気もちの問題もありますが、車のコンディションや年式によっては下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。

うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。


そしたら、買取業者のほうが高かったんです。特に高額だった1社に聞くと、ぴったりこの車を捜しているお客さんがいるのだそうです。

買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。30万円以下なら現金払いもできるそうです。ともあれそのお金でさっそく新車の頭金にあてました。




査定依頼してから支払いまでわずか5日です。




このスピード感がいいですね。考え方は人によって様々だと思うのですが、個人的には一番スマートな方法だと思っているので、車の買い換え時には、幾らかでも得したいのでディーラーを利用せず、中古車をあつかう専門の買い取り業者に査定を頼んで、買い取ってもらうことにしてます。




PCやスマホを使って、ネット上の一括査定ホームページに行きます。

そこで、そこで車種などの売りたい車の情報や、個人のいくつかの情報を書聞こんで登録をすると、業者からのコンタクトがあります。電話連絡の場合が多いです。



例外もあるかも知れませんが、多くの場合、4つか5創らいの業者から連絡があります。電話連絡がきたところで、大体の相場を聞いておきましょう。

そのようにして大体の値段の目安を知り、良さげな会社を三つほどリストアップしまして、他のところには、もう断りの電話を入れてしまいます。


具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、毎年1万キロ以上の走行がある、車色が好まれない、車体になんらかの傷や汚染が見られる、破損しているパーツがある、喫煙をされていたというようなことがあります。


また、車体の修理をされているということもマイナス査定の要因となります。


修理個所があれば大幅に査定が下がると考えられます。



近年、車を買取に出す際に、WEB査定の利用が一般的と思われます。

業者まで出向くのが面倒な人でも、一括査定ならその場で何社かの査定額がすぐにわかります。


とはいえ、事前の査定はあくまで目安なので、現実の査定では査定額が下がることは大いにあり得ます。あらかじめWEB査定で高い額を出しておいて、出張査定に来た時点で非常に安い額をもち出して、売るまで帰らないような悪質な業者があるため、くれぐれも注意してください。車の処分が必要なレベルの交通事故(自転車による事故も交通事故に含まれます)を何度も経験しています。

事故によって車が動かなくなってしまった際には、レッカーを頼んで事故をした車の引き取りをお願いします。その後は、気休め程度のお金ではありますが、車買取業者に連絡し、売る事にしています。

廃車にも意外と、お金が必要ですから、事故車も買い取ってくれる業者は、本当に便利です。買取業者で車を処分するときに、名義人本人ではないけれど大丈夫なのかという問合せはしばしばあります。




妻や子からの相談が圧倒的に多いのは、名義人を変えなくても車は乗れるという現状をよく現していると思います。実際には、自分以外の人が車の所有者(名義人)であるときは、名義人の方の印鑑証明書と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、本人以外でも代理人契約として売却できます。

ただ、売買契約時に名義人本人がたち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。

自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、その通りでは売却できません。




そちらの支払いを終えていただき、名義変更してからなら売却可能です。




もち帰りなしで、即日査定してくれる買取業者もいます。早く車を売って現金を得たい人にとってはありがたいことですが、即日査定を前面に出すと足下を見られて、いいように査定されてしまうのでできるだけ多くの業者の査定をうけた方がいいでしょう。


検索ホームページで「車査定 即日」を調べ、自宅近くの業者をチェックしておいて、可能な限り多くの業者と連絡だけでも取って頂戴。




喫煙の痕跡のあるなしが、車買取のとき、評価を大聞く変えてしまいます。

タバコの臭い、煙やヤニなどはどうしようもなく車内全体につくのは避けられないのです。




タバコを吸わない人は年を追って増えているのが現状です。タバコの臭いが付いていない車を購入したい人が多いので、たばこ臭い車は買取金額が低いというのは明らかです。


 

>>旧車を売る【※レアな車を極限まで高く売る”裏ワザ”とは?!】へ戻る