旧車 売る

旧車(※クラシックカー)を売るなら”旧車専門店”がベスト

 

長年、愛用してきた旧車(※クラシックカー)を手放す・・・となると売却先は2つです。

 

@ディーラーへの下取り
A買取店への売却

 

ディーラーはその車がどんなに人気があっても、
査定結果にはほとんど反映されませんので、下取りは問題外。

 

次は買取店となりますが、普通に近所の買取店へ持ち込んでも下取りよりも少し高く売れる程度です。

 

買取専門店といっても、軽自動車専門店、事故車・水没車の専門店など多種多様です。

 

つまり、”旧車専門の買取店”に売却をしたほうがあきらかに高く売れます。

 

一括見積サイトは便利だけれど・・・

 

旧車を売るのが面倒な人

 

「買取店探しは面倒だな・・」

 

となりますが、今流行りの”一括見積サイト”を利用すれば、たった数分で複数の買取店へ見積依頼ができます。
と言いたいところですが・・・どれだけでは、中古車相場以上で売れる確率は低いでしょう。

 

なぜなら、クラシックカーを得意としている買取店自体が少ないからです。

 

私は、以前、かんたん車査定を利用した経験がありますが、”期待できる見積”がたった2社からしかありませんでした(汗)

 

旧車の専門店を見つけ、極限まで高くうるための”裏ワザ”とは?

 

複数の買取店へ依頼をして、競争させるのと同じ原理で、
”一括査定サイト”同士で競ってもらうことで競争が激化します。

 

  1. かんたん車査定ガイド(A店、B店、C店)
  2. カーセンサー(E店、F店)
  3. 楽天オート(G店、H店、I店)

 

実は”一括査定サイト”ごとに加盟している買取店はそれぞれ違います。

 

A,B,C店内でしか競争をするよりもE〜J店まで競争をさせたほうが、より高値で売れるという”裏技”です。

 

※野球で言うところの”交流戦”です。
いつもセ・リーグ同士で争っているところに、パ・リーグのチームも参戦することで、盛り上がりますよね?

 

「とはいえ、見積や査定依頼をした場合は絶対に売れないといけないの?」
となりますが、もし提示額に納得しなければ無理に売る必要はありません。

 

※もちろん、見積や査定料金は無料なのでご安心を。

 

私が実際に利用した、ベストな組み合わせ

 

案内する人

@かんたん車査定ガイド ⇒ Aカーセンサー ⇒ B楽天オート 

 

の順番がベストです(※あくまでもオススメなので、1サイトだけでも大丈夫です)

 

すべてに登録しても6分ほどです。
※もちろん、登録はすべて無料のためご安心ください。

 

このサイトがきっかけで、あなたの愛車が高く査定されることを期待しております!

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

カーセンサー

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する総合自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://carsensor.net/

 


 

楽天オート(※完全無料)

 

楽天オート

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天3000ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

 

http://rakuten.co.jp/

 


 

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

旧車売るコラム:クラシックカーの魅力を語ります

 

クラシックカー

 

クラシックカーには国産のものと外車がありますが、特に国産で1960年代ころから1990年代にかけて製造された自動車は旧車と呼ばれ人気があります。

 

外国のクラシックカーは時代によって区分されています。1900年代に入って製造された自動車はベテランカーと呼ばれます。

 

1910年頃の自動車好きなイギリス国王、エドワード7世の時代に製造されたものはエドワーディアンカーと呼ばれています。

 

さらに1930年頃のものがビンテージカー、1940年頃のものがポストビンテージカー、第2次世界大戦後に登場したものがヒストリックカーです。
クラシックカーの最も大きな魅力はその独特な個性にあります。一方クラシックカーとして認められるためには製造当時のコンディションを維持していることが求められます。

 

現在の自動車は燃費や性能を求めるデザインが重視されていますが、クラシックカーは格好いいデザインが重視されたため個性的です。

 

その時代における独特なデザインがクラシックカーの魅力とされます。また古い車は再生産する事ができないため希少価値があります。

 

さらに現代の自動車と比較するとメンテナンスなどに手間が必要ですが、その手間を楽しむのもクラシックカーの魅力です

 

 

車買取りの豆知識:下取りと買取りの違い

 

自動車を売却するには様々な方法がありますが、下取りと買取りは似ているようで全く違う取引方法になります。

 

取引方法の違いを事前に把握して、メリットの大きな方を利用すると良いでしょう。

 

まず、下取りの場合は車のディーラーと取引する形になります。

 

例えば新車を購入する際に、それまで乗っていた車を買い取ってもらって、その分だけ新車の購入代金から差し引いてもらう取引方法です。

 

車を買い替える時に購入と売却を一括で済ませられますし、新車の受け取りと中古車の受け渡しを一度にできるので自動車が手元にある状態が続きます。

 

一方、買取りの場合は車買取店等の業者に車を買い取ってもらう方法です。

 

車買取を利用する事で、ディーラーに下取りしてもらうよりも高く買い取ってもらう事もできます。
複数の車買取店で査定を受けた上で、一番高く買い取ってくれるお店に売却すれば買取価格がより高まるという方法も利用可能です。

 

どちらの方法を選ぶかは、利用者次第です。

 

下取りにも買取りにもそれぞれメリットとデメリットとがありますが、手間がかからずスムーズな買い替えをしたいならディーラーでの下取りが、
できるだけ高く自動車を買い取って欲しいのなら買取りが有利になるでしょう。

 

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

トップヘ

 

 

 

旧車の買取Q&A

 

自動車

 

売却の契約後にキャンセルできるの?

 

車買取は高額で買い取ってもらうことができるということからとても人気があります。

 

特に、一括査定などを利用することで、買取業者間での買取競争が起こると、相場を遥かに上回る高値で売却できることも少なくありません。

 

売る側とすれば、少しでも高く売ることができるのは、本当にありがたいことでしょう。

 

さて、クルマを売るためにはいくつかの必要書類があるので、まずはすべてをきちんと用意しなければなりません。

 

転勤などで車検に書かれている住所と印鑑証明の住所が異なる場合は、戸籍謄本の附票を提出しなければならないので、早めの準備が必要です。

 

すべての契約が無事に完了したら、あとはクルマを引き渡して、後程お金が指定口座に振り込まれることになりますが、契約後に急に何らかの問題が生じて、契約を解除したい場合、キャンセルをすることができるのでしょうか。

 

これは可能な場合と、不可能な場合があります。可能な場合というのは、売却したクルマがまだ買取業者の手元にある場合です。

 

しかし、すでにクルマが次の買い手にわたってしまっていたり、オークションの出品手続きに入ってしまっていた場合は、キャンセルはできませんので注意する必要があります。

 

 

一括査定@メリット・デメリットを解説

 

一括査定のメリットは車買取をスムーズに進められることです。お得な売り方をするには買取業者の比較が欠かせませんが、
それを一挙に行えるのがこのサービスの強みです。オンラインで必要事項を入力すると、次々に買取業者から連絡が入ってきますので、後は高く売れるところを見付けて手続きをするだけで済みます。

 

相場の把握ができるため、適切な金額で売れたという満足感を持てるのもメリットでしょう。売却の際には、もっと高く売ることができたのではないかという気持ちになりがちですが、それは相場を把握していないのが理由です。

 

しかし一括査定を利用して車の価値をしっかりと把握しておけば納得の気持ちで売れるはずです。

 

デメリットは、連絡が沢山入ってくることがひとつに挙げられます。連絡が来るのは情報を得る上でメリットではあるものの、しかしながら買取業者が我先に買取をしようとアプローチしてくるために対応に苦労する可能性があるのです。

 

あまり査定依頼を多く出し過ぎてしまうと、余計に対応に手間が掛かりますから注意も必要と言えます。

 

おおよその査定価格しか分からないのもデメリットでしょう。オンライン査定では実車確認をするわけではないため、実際に査定をしてもらった時に金額が変わる可能性もあるのです。

 

大幅に変わることは少ないものの、可能性として知っておいた方が良いと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【オススメ紹介サイト】

 

車のオイル漏れ修理